🎵蛙の歌

書く気力無し!
よって、今回は日本人的笑い、の基を書く。
☆🎵蛙の歌が聞こえて来るよ→ケ・ケ・ケ・ケと言う歌詞は→毛利さん一族(現在天皇の外戚)を指す言葉だと言えます!
☆そのゆえは→このケは→毛利さんの→毛、と同時に→ハングルで(犬)を→ケ・と言います。
(毛利さん一族の事は→朝鮮半島に残っています)
☆そこで→日本の→県の井戸が出て来て関与します。
県の井戸は→京都御苑内にありました!
そこで有名なのが→蛙と山吹です。
⚫特注・です。→蛙と山吹。
この地は→歌枕の地です。
「みやこ人 来ても折なむ かはづ鳴く 県の井戸の山吹の花」後撰和歌集。
☆この歌が→県の井戸の歌で→京都御苑の実態の歌です。
(蛙合戦→人間の蛙合戦→天皇の外戚の蛙合戦です)
それが行われています!と歌っています。
☆良く鳴く蛙を→河鹿蛙(かじか)と言います。
ここでも→鹿の→蛙・です。
馬鹿どもの集まりが→京都御苑です。
その事を→語り継ぐ人々の歌が→🎵蛙の歌です。
きちんと、語り継がれています!