読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万葉集と本能寺 !

現在の天皇天皇一族の(犬)について触れておきます。
その時期が定かではありませんが、日本の(太歳人)、この人は五行の(木星)の木の一族の長です。
この人を殺し、この人になりすましているのが・現在の天皇一族です。
だから、現在の太歳人は日本古来の人では無いのです(明治神宮に聞けば分かります)。

だから、この一族を殺そうとしたのが日本人(敢えて日本人というのは、天皇一族は朝鮮半島の人)。
その事を知っていた日本人が「織田信長」さんです。
それを後世に伝える為に「壓切の太刀」が打たれました。

つまり、現在流通している日本の歴史は全て天皇一族が作った「創作劇」だ、という事です。

ヘしきり・の太刀の「壓」→現在は「圧」と書きます!
省略されているのが・「猒」という漢字です。
この字は→甘い・と・犬肉・という漢字を合わせた字です。
すなわち、甘き犬肉を飽きるほど喰うこと・という意味があります。
具体的には→犬一族(天皇一族)の血をタップリと刀に吸わせてやる!という事です。
日本では、この一族をもって→献・という漢字(神社の灯籠などの字)あるいは、給食の→献立・の献に使われています。だから→犬・です。
あらゆる証拠を消していますが、この刀「壓切の太刀」だけ残ったのです。
猒は「えん」と読みます。
日本の犬物語が日本の歴史の真実を語ります。
江戸時代のカルタ(イロハカルタ)の→犬も歩けば棒にあたる。これは江戸庶民が天皇一族を笑ったもの(ジョーク好き)です。
今日はこれで失礼します。