仕組みと仕掛けが判った!

昨日NHKの(ぶらタモリ)を見ました!
福井県の(朝倉)をやっていました。
☆この朝倉一族も→クソ一族です。
この一族が福井県の山の中で暮らしていたのは→舒明天皇の周りの日本人を皆殺しにしている一族だからです。
(ほとぼりが冷めるまで静かにしていた、と推測出来ます)
☆この地域は→「一乗谷」と付けてあります!
この一乗の「乗」という意味は→敵陣に全軍を掩覆し、ことごとくこれを磔するほどの勝利を博することを言います。
転じて→またがる!のる!
⚫掩覆→掩も覆も→覆い隠す、と言う意味です。
⚫またがる!乗る!
この意味は→女性を犯した!という意味です。(まだ犯す、と言う人権侵害が無視されていた時代です)
☆この朝倉一族は→織田信長さんによって滅びた事になっています!
(時の朝倉の当主も自殺している、となっています)
この事は→クソ一族が作った自作自演です。
この一族は生きています→日本国内の「朝倉」という地名は→このクソ一族が逃げて住んでいる地名です。
兵庫県養父市八鹿は→八の鹿と書いてあります。
八→罪人・です。
鹿→藤原一族(鹿嶋神社)
皆さん、良く覚えて下さい。
山口県の「萩」には→鹿妻(しかのつま)という異名があります。
これは当然、毛利さんの事ですよ
また→妻とは→斉明天皇の事です。
舒明天皇の妻になりきっている戯曲が→福井県の朝倉(一乗谷)に残っていました。
これは→現在も→国島さんという方の家にも残ってます。
嫁入りの→白無垢・に→朝倉の(家紋)が入っています!
これは→嫁に→種を仕込んでいる、と言う意味を残しています。
斉明天皇の種は→石上の当主(毛利さん)です。
人の目を欺く為に毛利を名乗っています
天皇も毛利さんも汚いぞ!
クソ野郎だ!靺鞨だ!
恥を知れ!
☆当分、休みます!
福井県の方々も恥を知れ!

ところで・・・!

「明日香川原宮御宇天皇代天豊財重日足姫天皇
→この巻頭の意味を新潮・日本古典集成の(先生と言われている方々が理解していないと思います)
これ等の方々の意見を次に記しておきます。
「この宮は飛鳥川のほとりにあったのであろう。書紀の記すところでは、斉明天皇の元年十月から翌年九月までの暫時の皇居であった。
この標題は別に意味があるのか明らかではない、天皇斉明天皇である」としています。
☆つまり→訳している方々が拙劣(世間知らず)だ、と分かります。
明日香川原宮→六条川原(罪人の処刑場)もしくは→奪衣婆・に設定しています。
天豊財重日足姫天皇斉明天皇の戒名です。
→日本的意味では→針の山を歩く斉明天皇、と言う意味です。
これは→現在の(寸鉄人を刺す)ですから→斉明天皇をチクチクと刺しているのが「万葉集」と思います!
それぐらい悪女の婆さん(天皇ではありません→お芝居している天皇役です)
☆長くなりました今日はこれ迄です。

余話 !

JOC会長の竹田さんは→現在ワイロ疑惑で名高い!
この方は→明治天皇の曾孫という触れ込みです。
☆真っ先に現金を鞄に詰め込む人です。
☆これに対して、メディアは何も言え無い、情けない存在に過ぎません。
否!現在の日本中の方々は→皇室に盲従しています。怖い事です。
☆さて諱は→忌みで他人に洩らしてはいけないこと、と歴史を残している方が教えています!
ですが私は口が軽いから言います。
また言わ無いとこの国の歴史全体にかかわる問題ですから→言わざるを得ません。(日本人が解っていません)
☆それが万葉集の「読み方」です。
Facebookには書いておきました。
万葉集の巻頭には→「明日香川原宮御宇天皇代天豊財重日足姫天皇」と書いてあります。
これは→斉明天皇の戒名です。
戒名・という事は→法事をしているのが万葉集歌人です。
斉明天皇は→あまりにもひどい人→殺人鬼→ドラクエの→ポストロールと同じ)
ですから→お悔やみの言葉が→万葉集です。
良い言葉はありません→皮肉交じりの悪口です。
それを→額田王さんが→犯人は→斉明天皇だ→現在の毛利さんだ、と教えているのが「金野乃 みくさかりふき やどれりし・・」という歌になっています。
これが→秋の野・で→山口県の毛利さんです。秋は→萩、萩は芽子です。
詳しくは→あきのぬの・と「ぬの」と書いてあります。
31・は→サンピンです。
三十一文字とも言います!
サンピンは→斉明天皇です。

鴫たつ澤の秋の夕暮れ !

昨日、Facebook西行法師をやっている方の処に書き込んでいます。
☆問題を理解されたのか?と不安になり改めてここに書きます。
西行法師が詠んだ鴫澤、は→平塚の少し西にあります。
その場所で→明治時代「正岡子規さん」も同じ歌を詠んでいます。
「我もまた 鴫たつ澤を訪ね つつ 西へと行かん 秋の夕暮」
☆皆さん、この歌には→我もまた・と書いてあります!
どこに行ったか?と言う事も書いてあります。
それが→西・です。
西は→西方浄土・です。
つまり→あの世・に行く、と書いてあります。
と、言う事は→この歌の「鴫」は→あの世の人を表しています。
ですから→鴫は→鳥の鴫では無く、人間を表しています。
(擬人法の逆です)
☆からだの弱かった正岡子規さんが→私もまもなくあの世に行きます!と詠んでいる歌ですから→天皇が→偽者天皇であり→鴫澤が→殺人現場であった事を書き残している(辞世の歌といえます)
☆西へと行かん、とは具体的には→ピラミッドです。
ピラミッドはお墓では無く→人間の命の永遠性を実験する場所、だ、と思います。
だから2隻の船があります。
まあ、この船は→ノアの箱舟、と思って良いと思います。

♪誰も知らない夜中の夜中 !

剣璽等承継の儀が→松の間・で行われるという、皆さんもすでにご存知の事と思います。
この舞台設定は→厳島神社と同じです。
これまで、この欄で話しているように、厳島神社の鳥居の下(水中)で→足げにされている松の方々(万葉集では→美草)の恨みです。
古事記に検(ただ)すに曰く。
木梨軽太子(きなしのかるのひつぎのみこ)
「こもりくの 泊瀬(はつせ)の川の上つ瀬に斎杭を打ち下つ瀬に真杭を打ち斎杭(いくい)には鏡を懸け・・以下省略」
この歌は→木梨軽太子が自ら死にし時に作った歌、と注釈があります。
意味不明の歌ですが→呪いの歌である事は確かです。
現在天皇の系列と毛利さん一族→6と8に対しての忌みです。
☆私が実況中継をしたいほどです。
楽しみです。

金野乃 !

参考文献→新潮社の古典集成。
額田王さんの歌→訳す方々はこの金野乃を→秋の野の・と訳しています。
☆明らかに誤訳です。
額田王さんが漢字を知らないはずがありません。(それは他の歌人にも言えます)
☆この金・は→五行の金です。
五行の金は→季節が→秋・方位(西)色(白)→五行表を見て下さい。
☆この金の五行は→私の家の文化です。
それを→斉明天皇が使っています(いわば偽者ブランド天皇
だから→8を→罪人にしています!
☆何が言いたいのか?
要するに→次に連なる→美草苅葺(みくさ苅りふき)は→人間を草にたとえている、と言う事です。
(擬人化の反対)
擬人化とは→人間で無いモノを人間になぞらえて表現する方法です。
この場合は→美草・は→人間を表しています。
☆日本人は→殺したモノをいただく(食べる)
その殺した方々(七草粥)を食べています!
☆新潮社の訳は→美草・→主として萱を云う、と書いています。
額田王さんがバカなら→そう書いても異議ありませんが→この方は福田赳夫さん(東大を首席→卒業も首席)と並ぶ秀才です。
この事を→gooさんYahooさんにも書いています!

夢殿(法隆寺)

まずは、Facebookの皆さんに御礼申し上げます!
先週だけで約50人もの方々から→繋いで、という依頼がありました。
皆さんの期待には添えませんが、よろしくお願いします。
☆お花の池坊さんの処に残っている「わが思う心のうちは六の角ただまるかれと祈るなりけり」
と言う、何やら謎めいた歌は→訳すと→法隆寺の「夢殿」になります。
万葉集では→角を→東・と読みます。
このような大前提を→大学で教授をしている方々でも知らない方がいます!
⚫皆さんも、覚えて下さい→東・は角です。
その夢殿の造りは→法隆寺の東院の正堂です。
二重の基盤の上に立つ→八角円堂・です。
この東院の→東。
八角円堂の→角。
だと思います!
つまり、私(聖徳太子さん)を殺したのは→法隆寺・の関係者だと、この歌が残しています。
☆この事は、事前に身の危機を感じた聖徳太子が、予め誰かに一筆を書き残している、と言う事です。
だから→大工さん達は→聖徳太子の遺言のままに法隆寺を建てています。
☆夢・の語源は→伊目(いめ)また寝目(いめ)だ、そうです。
私は→この「目」が現在天皇を見つめている目→伊勢神宮を見つめている目だ、と思います。
夢にまで見た→天皇
夢にまで見た伊勢神宮
法隆寺には→夜の火祭りがあります。
ぬばたま・の寺、と言う意味で→女性に手を出す悪い僧侶が沢山いた!事が残してあるのが→火祭りです。
梅原猛さんが亡くなりました!
ご冥福を祈ります!
この事を梅原猛さんに贈ります。