終焉 !

私(島田風)が先祖を探し始めて5年になります。
(我が家伝では→すごい事を残している先祖なのです)
そのうちの一つが→宗教や寺は私の先祖が始めている、という事です。
実際に「日葡辞書」には次のように書いてあります。
「祖語」→一般的には→始祖の言葉。
日葡辞書には→「祖語→ぶっご(仏語)」と、あります。
皆さん!頭を柔らかくして読んで下さい。
祖・とは私の家の先祖→神八井耳です。
それが仏教を始めた→だから仏語・です。
(そう言うと、私の家も神八井耳が先祖だ、という人がいますが→古事記はそれを認めていません。あくまで、私、島田の家だけです)

寺の高さに→9・があった!
よって日本の5月4日(緑の日)は私の先祖の日、どなたかが→残しています!
ありがとう御座います。
私が確認したから→6や8のバカ共、もうこの日を削除していいぞ!
偽物天皇!分かっていますか?

私の家が→時計博物館に残っています。
時計を「御土圭」と、言っています!
安中の話の時・土・を話しました。
これは五行の(真ん中の土)鎮星(土星)だと。
⚫この土・鎮が→圭・で王の証です。
王は→鎮圭。
公は桓圭。
侯は信圭。
伯は躬圭。
これは動かす事が出来ない決まりです。
私の家の先祖が→王・です。
「御土圭」→時計の事です。
圭はまた→日陰時計です。

日は太陽です(陽)。→間・という漢字。
月は(陰)。→閒・という漢字。
これを大井川の島田から始めて下さい。
土・金・木・水・火・閒・間←
はてな)さんも(圭)を調べて下さい。
私が嘘を言っているのでは無く、この国の天皇とその一族が→嘘つき、だから歴史が曲がっています。
時・も私の先祖が創造したモノです。
皆さん!特に2~3名の方に感謝申し上げます!
ありがとうございました。
しばらく休みます。

日本人は何を歴史に刻印したか?

先日→齊諧(せいかい)という意味を書きました。
★一説、怪談を善くする者の名前。
怪談と言えば→耳無し法一!これは山口県に残っているから→毛利さんの事です。
また→四谷怪談!これも(現在の東京の四谷)すなわち、内藤新宿の→内藤さんの事です。
分かり易く書いてあります。

こういうのを「諧謔・かいぎゃく」表現とも言います。
諧謔・とはみんなでワイワイガヤガヤ→あざける、皮肉交じりに言う事です。

その代表例が→豆腐小僧・や阿修羅像・です。
あなた方は犯罪者ですから→豆腐を喰いなさい。
そう言って、天皇や藤原一族などに豆腐を食わせています。

その事を額田王さんが歌にしています!
「秋の野の み草刈り葺き宿れりし 宇治宮処の 仮廬(かりいほ)し思ほゆ」
万葉集では→是川、と書き→宇治川、と読ませます。
(現在の多くの訳者は、これを知らない)
また→み草を→ススキ、茅萱の類い、と訳しますが違います。
この「み草」は→日本人を刈り採った、という意味です。
ですから→仮廬・とは→伊勢神宮の事です。
額田王さんが指で指しているのは宇治・すなわち→コレです。この人です。
と、伊勢神宮を指しています!
昔、伊勢神宮のある伊勢市を→宇治・山田市、と言いました。
間違いありませんね!皆さん!

その後「童謡・かかし」が作られていますから、この方も斉明天皇が→推古天皇聖徳太子を暗殺した事を知っていたのです。
♪山田の中の一本足のカカシ・・・
万葉集斉明天皇がこの一本足のカカシ・で万葉集歌の中に立っています!
皆さんが自身で確認して下さい。

白虎青龍・・・その10

豆腐小僧・とは天皇や藤原一族、毛利さんなどに豆腐を食べさせている小僧の事です。

その昔、木の一族を殺した→全滅させた。
よって、伊勢神宮の材木を切り出す時を→山口・というのも、斉明天皇が犯人です、と残してあります。
確か、昔→山口は大内さんの領地です。
山口県にたくさんの仕掛け「罠」があるのも、江戸の街に類似しています!
日本人(ここで言う日本人とは→渡来人、つまり天皇系は含みません)が一致して、密かに証拠を残しているのは、時代を超えて→八丈島に流された宇喜多さんと同じです。

阿修羅とは→たえず闘争を好む!
まさしく、天皇とその一族にふさわしい命名だと思います。
じつは、この阿修羅こそが→イスラムシーア派の「アシュラー」俗に、血祭りの主人公である事を日本人は知りません。
あるいは、知っていても(知らんぷり)している可能性があります。
口の回りの豆腐、これが→山口・にかかっている(阿修羅像の口)
シーア派が知ったら喜びます。
仲良くやって下さい。

白虎青龍・・・その9

「あなた方は人間以下です」
こういう意味を込めて阿修羅像は→藤原一族(旧・物部)に持たせています。

実際、皆さんはどう思っていますか?
興福寺は寺にしては、文化財を持ち過ぎています!
(藤原一族が権力で奪ったモノ、と推測出来ます)
ところが、誰もその事を言わ無い!
背後に→天皇(偽物天皇)がいるから、ご機嫌鳥・ばかり増えています。
よって日本には→カカシ・が増えています。この禽獣を追い払う為です。

阿修羅像に→豆腐を食べさせた!
特段に→怒ってなんかいません。
→「まっとうな人間になれよ!」と励ましています。
☆江戸時代に既に言われています。
江戸の庶民は→皆さん天皇が偽物である、という事を知っていました。
それが落語に残してあります。
「徂徠豆腐」という演題がついて、最近まで(菊ちゃんの師匠→正藏さん)よくやっていました。
徂徠豆腐とは→荻生徂徠さんの事です。
この方→本名が→物部・さんです。
だから、皆さんにも理解されると思います。物部さんに→豆腐を食べさせた!
確定ですね?
徂徠さんはそれ以降毎日豆腐を食べています!
阿修羅像は→物部・後の世で(平家)更に→石上、毛利、真田、前田、伊達、などに分派しています。
死んでなんかいません。
滅びてなんかいません。
ユダ一族の作戦の一端に過ぎません。

白虎青龍・・・その8

阿修羅像・それは6を具体化した貌という事につきます。
しかも、作り方まで分かっています!
乾漆(かんしつ)これは→土➕塞(そく)という漆塗りの技法です。
乾漆はまた→漢方治療では瘀血(おけつ)→まあ、これは悪い血、古くなった血、というような意味です。
また駆虫・にもつながります。
たどり着くのが→楠(楠木正成)この人物は→仁和寺にも塗り込んであります。
しかも、立派な→偽物の橘(ニセたちばな)
東京の八王子の片割れの橘です。
⚫特記
塗り込んである→つまり、法華七喩の(衣裏繋珠)の話と同じように作られています!
☆罪人に食べさせる白虎(とうふ)
白虎(ハクコ・とは→豆腐)です。
韓国では→刑務所を出所した時食べます。
日本では→罪人本体(坊さん達と阿修羅像・が代表者です)ですから→毎日食べさせられているから、誰も気付いていません。
白虎青龍・の青龍・とは→青菜・です。
これは→合わせると→豆腐のゴマ和え・という料理(正式名称・よごし)
阿修羅像・は毎日この「よごし」を食べています!
今日も罪人明日もあさっても(毛利さん石上さん前田さん真田さん伊達さん、など)口よごし、の方々です。
豆腐とは→私(和)和えものは→和・と書く(故意の造語、と思われます)
一般的には→日本人です。
毎日この罪人(阿修羅像)が豆腐を食べるから→日本人は→草食・になった!
これも私の独りごとです。
食べる・とは→殺した、という意味です。
また明日にします。

白虎青龍・・・その7

これまで、罪人を主に採りあげてきました。
次は日本人が下した→渡来人(朝鮮人)に対する評価です。
☆阿修羅像
興福寺(山科寺)は→源俊頼(木工頭・もくのかみ)さんが→山科寺はさてはやまじいな・と詠んでいるように、現在でも十分に「やましい・な寺」です。
名前の由来→山(大工さんの隠語で8→8は罪人)→科(現在でも科料と言い罪人に対する言葉)から派生しています!
いったい、何をすればこのように日本人に嫌われたいるのか?
☆口を拭う!
悪い事をして、それを隠し通すと→口を拭った、と言います。
あるいは、口直しする、とも言います。
その「口」が直されているのが「阿修羅像」です。
(阿修羅像の由来→仏教の守護神とされる一方で、六道の一つとして人間以下の存在とされる)
現在の日本では→都合の良い前半の意味だけ残してあるのが一般的な傾向です。
⚫特記→人間以下の評価、として日本人が→渡来人(天皇天皇一族)に持たせているのが→阿修羅像・です。
と、言う事は→六持ち・とは→六道(仏教の六道輪廻の6)が確定した!という事です。
続きは明日にします。

白虎青龍・・・その6

内藤新宿・とは高遠の内藤さんです。
この方が渡来人の罪人・という事を残してあるのが「内藤唐辛子」です。
☆齊諧(せいかい)
齊諧とは→古書の名前です。
それを「荘子」さんが書いています。
「齊諧者志 怪者也」
志→三国志の志に同じ。
記録とか歴史・という意味です。
怪(あやしい)者とは日本語で→曲者・です。
曲者・には→勾玉や六曲屏風を持たせています。(強欲な人にはもれなく、持たせています)
そして、何より、この意味にはもう一つの説があります→怪談を善くする者、という意味です。
☆怪談は→六に持たせた話
「6・六」の代表者は→祭祀を引き継いでいる人すなわち→毛利さんです。
よってこの地に→みみなし法一(怪談話)が残してあります。
その一派が→内藤さんです。
ですから内藤さんには→四谷怪談・を残してあります。
⚫特記事項ですから→忘れ無いで下さい。
怪しい者とは→戦国時代を生き残っている人々の→異称・です。
お前達は→曲者だ!
歴史はそのように教えていますが、未だにその事に気付いている人がいません。
相変わらず、図書館で調べたような→写経のような歴史に、しがみついています!