読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万葉集と本能寺 !

私は日本人の歴史観というモノは、意図的に曲げてある歴史を踏襲した!と思っています。
誰が曲げたのか?
偽者天皇とその一族(本能寺派)いわゆる毛利さん伊達さん内藤さん黒田さん前田さん(代表者など)。
例えば、縄文時代の「縄」目の意味は→戒める!法度!という事です。
単に縄を巻いて縄の跡を付けただけでは無いのです。
誰かが大量殺人を犯している。
誰かが婦女子を犯している。
その事を残すことに比重が置かれています。
例えば、近年では「苗字」があります。
皆さんが全く疑問を感じていません。
明治維新後、庶民の苗字が許された!となっています!
が、しかし、その事で派生する人々の混乱が歴史にひとつも無い。
トイレットペーパーでさえ行列が出来る国が日本人です。
北海道の佐藤さん、本州の佐藤さん、九州の佐藤さん、まるで昔から苗字があったかのように、整然としていました。
この事は→苗字を付けていると天皇一族(本能寺派)にイモヅル式に殺されていた!という事を示しています!
殺しのプロ集団が昔からいた!という事が出土した遺跡から分かります。

身も心も曲がった人々に対して→勾玉が配られています。曲がった根性の持ち主です。
句とはまた→三角形を意味していますから→三角形の「菱紋の持ち主」もこれに該当します。
時代により、時により、多少の変化がありますが、曲がった人々に配られているのが勾玉や六曲をなす屏風絵です。
住まいにも、この勾玉家屋が応用されたいます。
大学を出てい無いのに、大卒より思考能力が高いのが縄文時代の人々です。
これ等の人々は→難民となって日本から流出した!
その後、朝鮮半島から渡って来た現在の天皇一族と手を組み日本古来の文化を破壊して1500年以上の歳月が流れています。
遺跡に残されている文化と現在天皇一族の文化が違うのは→本能に走っていて文化とは縁の無い人々の集団だったからです。
今日はここ迄です。

万葉集と本能寺 !

万葉集3221。
「冬こもり 春さり来れば 朝には 白露置き 夕には 霞たなびく 汗瑞能振 木末が下に うぐいす鳴くも」
意味を解釈するのではありません。
この歌の→木末(こぬれ)が下、に注目して下さい。
私は長い人生で「木末が下」で鳴くうぐいすを見た事がありません。
日本ではバスガイドさんなどを→うぐいす嬢、と言います!
明らかに、この木末の下では女性が犯されています!
汗瑞能振、は本能寺の能と同じ人々だ、と言っています。
能の左側の字は→肙、という漢字の略体字です。壓切り太刀の壓の中の字。
肙は→ボウフラ(地域によっては→ボウフリ)と言います。

明らかに意味を歪曲して訳してあります!
和歌や俳句の「句」という、本来の意味を書いて置きます!
句→本義は言語の屈曲して節をなす事!
言語文章に於いて、疆(さかい)を分かち節をかぎる事。古くは言、と言ったが秦漢以来これを「句」といへり。
またマガルと読む時は俗に→勾と書く。
講談社の大字典からの引用です。
つまり、和歌や俳句は→曲がった人々を題材にして読まれていた!という事です。
日本では不審者を→曲者(くせもの)と言います。
この端的な例が彦根城にあります。
「六曲一双」の屏風絵。この絵は男女遊楽の図、いわゆる情事です。
6→曲者→本能寺。
この事を書いてあります。
彦根城は伊井家。
曲者の一味です、と持たされたのが「六曲一双」の屏風絵。
歴史家の方々や研究員と称する方々よ!天皇に気兼ねして、その本来の意味を歪曲しないで下さい。
あなた方が現在では→曲者の代表者です。
今日はここ迄です。

万葉集と本能寺 !

古事記には遺跡を破壊する話があります!
毛利さん(橘、楠木、内藤、亀井、伊達、真田)グループは日本国内の遺跡や文化の破壊者だった!と推測出来ます。
その上に婦女子をレイプするアクドイ奴ら。
だから織田信長さんは怒って、これ等の手先の寺を含めて攻撃した!とみなせます。
ところが、この部分の歴史を削除してある為に織田信長さんが悪人のように扱われているのです。
さて、その事を私が言ったなら、この話を信じてもらわくて結構ですが、この話は→言い継ぐ人(万葉歌人)が残しているのですから信じて下さい。
前田利家兼六園。6です。
真田幸村六文銭。6です。
伊達さん→六右衛門(支倉常長の別名)6です。
毛利→66洋(周防洋の昔の別名)
黒田→同じ。
朝倉→同じ。
6です。
この6の総本山が伊勢神宮で(六芒星)6です。
これ等を集めて、国を日本書紀では→六会(くに)と読ませています。
確認して下さい。6の集合体が六会です。
ちなみに、兼六園は1800年頃、松平が命名していますから、案外この松平さんが言い継ぐ人かもしれません。
はっきりとその人です、と言えるのは「松尾芭蕉」さんです。芭蕉さんの俳句は五行で書いてあり、全て暗号です。
自称(松尾芭蕉の研究者)と称する輩など、この事が分かっていません。
だから松尾芭蕉を忍者だ、という説でかたづけるのです。

枕詞とは→分かち書きされています。
歌枕の地に何が残っているか調べて下さい。
例。梓弓(引く。射る。張る。本。末。弦。寄る。矢。音。かへる)に、かかる。
この中で(引く)にかかるのは→阿漕が浦の歌枕の地です。
この地で引いた網にかかる(鯛)は全て伊勢神宮に奉納されています。
平田篤胤さんも「伊勢物語・梓弓」を書いていますから、斉明天皇が偽物だと、分かっています。
阿漕な伊勢神宮。阿漕(あこぎ)な斉明天皇。阿漕は斉明天皇にかかる枕詞になっています。
例。(末)→宮城県多賀城市あった!という山。これは破壊されて、無いのです。
れっきとした歌枕の地です。
そこに残っている歌♪「末の松山蝉が鳴く」
この鳴いている蝉は昆虫の蝉ではありません。人間です。
徳川家が浜離宮に「蝉」の部屋を作っていますから東京に住んでいる方々は見学して下さい。
弦。弦は弓の弦を想像するでしょうが、現在の日本語では→弦月、つまり「月」にかかっています。
この地で月と言えば→伊達政宗の兜の月です。宮城県の末は周り廻って伊達政宗さんにかかっている枕詞です。
だから、伊達家には菊花紋があります。
小野篁さんは→菊花紋にほら貝を加えています。
伊達さんも大ボラ吹き→フェイクニュースの発信地だ、と教えています。
今日はここまでです。

万葉集と本能寺 !

話が前後しますが、禰宜とは、神社で上から二番目の地位の人の呼称です。
その方に→イナゴ、という別名があります。
梓、という漢字の意味にも「ヨグソミネバリ」という別名があります。
皆さんに気にしてもらいたいのは、何故このような意味が存在するか?という事を考えてもらいたいからです。
そして、このヨグソミネバリが万葉集の梓弓です。
万葉集1829「梓弓 春山近く家居れば 継ぎて聞くらむ うぐひすの声」

織田信長さんの最期の水という「柳の水」にも、実は別の意味が隠されている、にも関わらず、その事を知らない!
あるいは知っていながらトボケている。
その理由の最大の意味は、天皇が偽物で、更に追い討ちをかけて(罪人)にしたく無い。
まあ、ごく一般的な自己防御です。

柳とは→襲(かさね)の色です。
表が→白。裏が→青。
この白と青は五行「陰陽」の色です。
天皇天皇一族が真似をしている。
自ら偽物のブランドを作っています。
「五行・木」「時季・春」「方位・東」「色・青」「十二支・寅卯」「十干・甲乙」「星・歳星」以上が→木、の五行です。
この五行の→木と十二支の卯を合わせて→柳・という漢字です。
裏が→青。つまり、この五行は現在天皇家が使っていますから→織田信長さんを殺害したのは、天皇一族だ、という事になります。
皇居を→春宮と言ったり東宮と言うのは、ここから出ています。
織田信長さんの最期の水が伝えている事は以上です。
よって、真田幸村さん伊達政宗さん前田利家さん毛利さんなどが犯人です。
裏が青。この一族が→犬→6→鹿の一族。
梓弓の→枕詞にも、かかって襲になっています。
今日はここまでです。
明日は梓弓の枕詞です。

万葉集と本能寺 !

今、世間では森友(籠池)問題で揺れています。
この事は本能寺の問題にも相通じるものがあります!

本能寺の時は織田信長さんが気づいた時には、すでに周りは「犬」だらけだった!(犬小屋は伏見城を参考にして下さい)
今、籠池さんの周りが(口裏合わせした人々で満ちている)ので、相当苦戦しそうです。

たびたび言いますが、毛利さんと豊臣秀吉さんは(毛利さんなどが残している歴史では交戦中です)。
しかも、この毛利さんは五奉行の上の五大老です。
このような人事はあり得ない事です。
皆さんも、この所を良く考えて下さい。
(昨日の敵は今日の友?)
毛利さん「犬・黒田さん前田さんなど」が大嘘をついている、としか判断出来ません。
豊臣秀吉さんは(草履取りから身を立てた人)と言う話が残っています。
その人が、いくら何でも単に(凡将)の毛利さんを五大老に取り立てる事は無いのです。
現在アメリカのトランプ大統領でさえ、周りの人々が障害となって、何ひとつ決められ無いのです。
この例を見ても、毛利天皇一族が残した歴史には無理があり過ぎです。
仮に、五大老に取り立てた!としたら、信長さんの首を取った(論功行賞)です。
犬(天皇一族)と(6)と(鹿)は皆つながっています。
同じ穴のムジナとも言います。
私が良く使う例です。
円山応挙さんの絵に「綿と仔犬」があります。
日葡辞書には「ワタ イトヲツグム」とあります。
応挙さんの絵から→綿を紡げば→犬・だけ残ります。
この犬が現在日本の天皇の真実の姿です、と円山応挙さんも知っているのです。
昨日の嬥歌(かがい)は男女が互いに歌を懸け合う!
すなわち、それはこの事です。
男→円山応挙さんの絵。
女→日葡辞書。
つまり、分かち書きにしている、あっちとこっちで。
証拠を残す為の高等テクニックです。
私は若い頃、自衛隊で暗号隊員でした!
暗号解読は私の得意分野です。

それによれば、織田信長さんの最期の水(柳の水)が、現存する確かな証拠です。
壓切り太刀(ヘしきりのたち)は(犬)を斬る為の太刀。
その犬が現在天皇系の毛利さんや黒田さん前田さん伊達さんなどです。
日本の歴史の嘘はこの方々から派生しています→ユー・フェイクニュース。
トランプ大統領の声が聞こえてきます。
また明日!

万葉集と本能寺 !

嬥歌(かがい)とは、一説に男女が互いに歌を(懸け合う)事が語源とされています。
嬥とは→好き者の女(斉明天皇の事)
平たく言えば(俗な週刊誌の類い)がここから始まっています。
何故、敢えて俗なのか?
天皇一族の検閲を受け、世に残らないからです。
俗にする事で検閲を逃れたのです。

万葉集4165にあります!
「大丈(ますらを)は名をし立つべし 後の代に 聞き継ぐ人も 語り継ぐがね」
皆さん!ここが大事です。
この語り継ぐ人々が現在もいます!
既存の歴史家などが、どうしてこの方々の存在に気づかなかったのか?

私は仮説として次の事だと思います。
天皇一族が歴史を作った。
天皇一族から資金を得ている歴史学者が作った!
①自分で歴史を調べず、コピー屋さんを雇いコピー屋さんの意のままに作った!
天皇がまさか!あり得ない!と(怖くて書けない)

現代に於いても、本能で生きている方々が沢山います!
それを、斉明天皇が率先垂範した!
この斉明天皇から生まれた子供が同じように、本能に走った、次から次と。
その間、日本国内は無法地帯、ならず者(天皇一族とその外戚、及び寺や神社のお偉方)によって支配されていた!
という事が、日本の歴史の真実す。
正義の使者→語り継ぐ人、皆さんも良く見れば分かります。
今日はここまでです。

万葉集と本能寺 !

源俊頼(散木奇歌集)さんが不思議な歌を残しています。
「君がさう ふぢはらならば 春日山 いわねの松に かからざらめや」
現代語で無いので、少し語の解説。
さう→姓(氏名の姓)
ふぢはら→藤原
いわねの松→厳の松→厳島神社の(厳)この厳島神社の鳥居がその足に踏みつけている松。
(この施設は→八→罪人造りです。また、和が10で→豚造りです)
例→鳥居の高さ豚。(花札の豚)
豚は天皇を表しています。
88間→巡礼と同じ88ヶ所巡り。
(他の方が調べていますから、それを参考にして下さい)
要するに、厳島神社は藤原宮と同じです、という意味です。
人殺しの地(大量虐殺)。
この俊頼の歌に応えた?と思える歌があります。
「ここのつの ちのこゑ遠く きこゆなり」安芸守重基。
安芸とは現在の広島の西部(安芸氏の地盤)。
安とは→私「島田風」の屋号です。
ですから安芸守は私の一族です。
(世界中の安はアン・ですアンは私の一族の方々の地名や人名です)

ここのつ→九つ。
昔、日本の都が栃木県にありました。
その事は天武天皇や太安麻呂さんも認めています。(詳しくは私の本→アマテラスと聖徳太子で確認して下さい)
その都を→九石と書いて(さらし)と読みます。
ここのつの、地の声とは→数珠の事です。
数珠は僧侶が持っているものです。
各、宗派によって違いますが→54。27。36。18。←これが数珠の球の数その(和)は→九。9です。
ここのつの事とは→僧侶の声、という事になります。
よって厳島神社の鳥居が足げにしているのは、坊さん(僧侶)を殺した!という意味です。
一人や二人ではありません。
かなりの数の僧侶です。
その事を藤原時代、強大な権力で隠蔽工作しています。
その工作員が→毛利さんです。
私の調べでは、石川県の真脇遺跡も同じです。僧侶を殺して隠蔽しています。
輪島塗は、その事(権力者が黒塗りしている、という事を残して発展した産業です)
今日はここまでです。