「七」日本の意味 !

字典上の意味は→六に1を加えし数を表す。一説十の変形とも言う。
字画の変更を恐れて柒、漆の字を用いる事あり。
昔時ナナツと言い寅、申の時刻の名。

Yahoo!さんのブログ記事(数字の付く地名)にも最近書き込みをしました。
七・は→切・の本字です。
切は→刀で切り刻む!と言う意味です。
だから→この七の付く地名は→殺人が発生している地の地名です。
(切り刻まれている日本人が多数いた!と言う意味です)
⚫同じ七・でも→柒(うるし)の本場の→金沢や鎌倉などの地域には→柒の技術が残してあります。
(柒の技術が残してある地域は→嘘つきで→カフカさんの変身、のように大変身している地域です)
真面目な顔をして素知らぬふりをしている、と言う意味です。
☆七・の本場?
私はこの七の本場が→石上神社と(石上さんを中心にした、現在の天皇と毛利さん真田さん前田さん内藤さん黒田さんなど)だ!と思います。
なぜなら→六叉鉾(七支刀)はこの字画を変更しています6から7へ。
(ナナツ鞘の太刀)とも言います。
要は、武力を持って→日本人を殺した。
なにゆえでしょうか?
朝鮮王国を樹立する為です。
ところが、私の海外の一族が現れてその計画が頓挫した、と見なしています。

皆さん花の→アジサイは→七変化・とも書きます。
このアジサイの多い地域やお寺(アジサイ寺など)は→殺しの主犯が隠れている地と地域です。
そのように、日本の歴史を知る方々が→日本の地名を付けています。
恐ろしい国→日本!です。