読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万葉集と本能寺 !

万代に語り継ぐ・・・!
万葉集歌人達の並々ならぬ決意と固い結束の表れです。

ところが、現在を生きている方々がこの万葉集の読み方を知りません。
あるいは、知っていて知らない振りをしているか?のどちらかです。
少なくても日本の最高学府たる東大が知らない、など、あり得ない話です。

そこで、万葉集の読み方の指南です。
万葉集には独特の読み方があります。次がその意味です。
是川→宇治川。所→妹所「いもがり・女のいる所」。青→春。金→秋。金→西。
角→東。白→秋。などです。
これ等を「万葉集・文字辨證」と言います。
これを歌っている、やはり額田王さんの歌があります。
歌はあくまで、明日香の川原の宮に天の下知らしめす天皇の代(皇極天皇を指す)
「秋の野の み草刈り葺き 宿れりし 宇治宮処の 仮廬(かりいほ)し思ほゆ」
この歌は五行の歌です。
秋→金。とは五行の金。
(ややこしい話ですが、私の家になりすましているのが・皇極天皇斉明天皇です)五行表は各自携帯サイトで確認して下さい。
ですからこの歌を訳すと、み草とは→女性のジンジロ毛です。
宮処とは→子宮です。
宇治→是。是は皇極天皇斉明天皇です。
早い話が「H」が大好きで、今日も励んでいる、という意味の歌です。

皆さん!是が本能の趣くままに生活している→本能寺の基を為す人物です。
あ~~~よかった!たどり着けました。

この極悪非道の皇極天皇斉明天皇を許さない!
万葉歌人(その昔の文化人)達が立ち上がっています。
「人皆者芽子乎秋云」人皆はハギ(芽子)を山口県の萩のなりすましている→秋、と言っている。
山口県の萩とは、毛利さんの地元です。
ここからフェイクの歴史が発生している→発生源です。
芽子とは→人を傷つける鋭い木の芽!
それを萩(ハギ)と言っています。
万葉集では芽を→ハギ・と訓じます。
(人殺しをしている、という意味です)
本日はここまで!