読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地名の話・・・その2

現在の日本の地名は、とても古い時代の歴史を伝える為に遺してある地名です。
例えば「飛鳥時代」とは、何か?
飛鳥とは、弋(いぐるみ)によって、射落とされた鳥、と言う意味です。
漢字を読めない人々が増えて、意味不明になっているのが→飛鳥時代、という時代の区分です。
飛鳥とは、ですから→推古天皇聖徳太子さんの事です。
弋(いぐるみ)は、先祖代々の(代)の字の右側です。→ヨク、とも読みます。
これって→糸のついている(矢)の事です。→俗にヒモ付き、この意味分かりますよね?
つまり、推古天皇聖徳太子さんは、何者かの手によって殺された(暗殺された)という事です。
そこで、歴史を記述した方が、この殺し屋さんに弋(人のいぐるみ)→代。という漢字を付けています。
うかつに発言すると、現在の天皇とその一族→朝鮮人。に殺されるからです。
現在、ヒモと言う意味で残っているのが→真田ヒモです。
伊達も、国道(6)号線で、皇居につながっていますから→ヒモ付きです。
地名には、八千代のように(代)弋さんが隠れ住んでいる、とこの→(代)を当てました。
これ等の方々が→弋(暗殺者)です。
日本地図、あるいは携帯で(代)の付く地名を調べて下さい。
もう一つ例を記述します。
戸隠。という地名は、徳川家康が教えています。
徳川家の馬標は→開き扇。です。
この扇の意味は→門のトビラの事です。
門の片方を→戸、と言います。
この戸が→2つで(門)なのです。
1つ、隠している。
すなわち、→戸隠。
その、もう一つの戸が→私「島田風」の先祖です。
茨城県水戸市は、光圀さんでは無く、水→五行(陰陽)の水です。
この(水)の五行は、私が持っています。
戸隠蕎麦には、ザルが必要らしい!とテレビ番組でやっていました。
そのザル作りには(千島笹と言う根曲り竹)が必要だ!と職人さんが言っていました。
ここでも、千(人名)さんは→根が曲り、ひねくれ者だ、と遺しています。
長野県の支配者が→曲がった人物だから、千曲川です。
戸隠蕎麦を盛る器も、根曲り竹です。
明治19年まで日本国内の全てが→曲がった人物が支配しています。
現在の天皇は→朝鮮人です。
それを支える人々も朝鮮人です。
日本の主な武将を殺し尽くし、あたかも善良な人、の振りをしているのが、この朝鮮人一族です。